ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > 製品 > コンピュータプラットフォーム > Express5800シリーズポータル > Linux on Express5800 > ドライバ情報 > Q&A > LANコントローラ > KVM使用時の制限事項
ページ共通メニューここまで。

N8104-128/136/137, N8403-061/062/064/065/067 ドライバ情報
[2013年9月13日現在]

対象製品をKVMホスト環境でご使用するときは、以下の手順にしたがいkmod-commonパッケージを適用してください。また、パッケージ適用前に適用手順、および注意事項をよく読み、パッケージを適用してください。

本パッケージは、KVM環境のインストール後に適用してください。

適用手順

本パッケージの適用手順を以下に示します。手順にしたがって適用してください。

  1. ご使用中のドライババージョンの確認
    以下のコマンドを実行してドライババージョンを確認してください。何も表示されない場合や、"1.74.20"以外のドライババージョンが表示された場合は、ドライバが正しく組み込まれていません。本体装置に添付のインストレーションガイド(Linux編)、カーネルアップデートモジュールのリリースノートや「ドライバ情報一覧」を参照し、ドライバを適用してください。
    # cat /sys/module/bnx2x/version
  2. ファイルの展開
    ダウンロードしたファイルを任意のディレクトリに格納して、ファイルを展開してください。
    # tar -zxvf bnx2x-rhel5.9_x86-64.tgz
    以下のファイルが作成されます。
    nec-netxtreme2-kmod-common-7.4.25-2.el5.noarch.rpm
  3. kmod-commonパッケージの適用
    以下のコマンドを実行してkmod-commonパッケージを適用してください。
    # rpm -Uvh nec-netxtreme2-kmod-common-7.4.25-2.el5.noarch.rpm
  4. システムの再起動
    # sync
    # reboot
  5. kmod-commonパッケージの適用確認
    再起動後、以下のコマンドを実行して設定ファイルに"disable_tpa=1"が追加されていることを確認してください。
    # grep disable_tpa /etc/modprobe.d/modprobe.conf.netxtreme2_nec
    (表示例)
    options bnx2x dropless_fc=1 disable_tpa=1
    "disable_tpa=1"以外に設定されるパラメータは、ご使用の環境により異なることがあります。

注意事項

※ 「ドライバ情報 Q&A集」もご参照ください。

ダウンロードモジュール

kernel version

EM64T

2.6.18-348.el5 以降

1.74.20 [Download]

修正履歴

2013年9月13日 新規掲載
Copyright NEC Corporation. 1994- All rights reserved.