ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > 製品 > コンピュータプラットフォーム > Express5800シリーズポータル > Linux on Express5800 > ドライバ情報 > Q&A > RAIDコントローラ
ページ共通メニューここまで。

Firmware crash dump is not available メッセージについて

システムログ(/var/log/messagesなど)に以下のメッセージが出力されることがありますが、動作上の問題はありません。

RHEL 8 RHEL7 RHEL 6

対象OS

出力メッセージ

※ x には環境により異なる値が表示されます。

megaraid_sas xxxx:xx:xx.x: Firmware crash dump is not available

問題内容

/sys/class/scsi_host/hostX/ 配下の fw_crash_buffer ファイルを参照したときに出力されます。また、ESMPRO/ServerAgent の collect ログ(collectsa.sh)を採取したときにも出力されます。
ファームウェアダンプ機能が無効 (デフォルト:無効) になっている状態で上記ファイルを参照した場合に出力されるメッセージであり、動作上の問題はありません。
※ hostX は、RAIDコントローラに対応するSCSIホスト番号です。

修正履歴

2021年3月12日 対象OSにRHEL8.2を追加
2016年6月23日 出力メッセージを更新
2015年10月22日 対象OSにRHEL6.7を追加
2015年5月26日 新規掲載

この情報へのご意見をお寄せください。

この情報は役に立ちましたか?
はい
いいえ
どちらともいえない

この情報は探しやすかったですか?
はい
いいえ
どちらともいえない

ご意見・ご要望をお寄せください(100文字以内)
  ※個人情報保護のため、個人情報の記入はご遠慮ください

Copyright NEC Corporation. 1994- All rights reserved.