ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、 本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > 製品 > コンピュータプラットフォーム > Express5800シリーズポータル > Linux on Express5800 > ドライバ情報
ページ共通メニューここまで。

Asianux Server 3 x86/EM64T ドライバ情報一覧

表中の記号の意味については、新しいウィンドウを開きます。ドライバ情報一覧 補足」を参照してください。
本ページには、各OSで利用可能な最新のドライババージョンを掲載しています。旧版のStarter Packに収録されているドライバのバージョンについては、「Starter Pack / ドライババージョン対応表」を参照してください。

ラックサーバ オンボードデバイス情報[2008年12月2日現在]

  • AXS3 〜 SP1
AXS3 ドライバ名 OSリビジョン
AXS3
(2.6.18-8.10AX)
AXS3 SP1
(2.6.18-53.11AXS3)
Express5800/120Rh-1
LAN

e1000e


Ver7.6.15.5-NAPI


Ver0.2.9.5-NAPI

Express5800/120Rj-2
LAN

e1000e


Ver7.6.15.5-NAPI


Ver0.2.9.5-NAPI


注意事項

  1. 本体装置とオプション装置の対応については、システム構成ガイド を参照してください。
  2. 基本的に各カーネルのimmediate(*)は、ベースカーネルの情報と同一となります。変更がある場合は、 情報を掲載いたします。なお、各本体/オプションボードの出荷時点での最新immediateから対応を行っておりますの immediateすべてに対応を行っていない場合がありますのでご注意ください。
  3. x86とEM64Tのドライバ情報は、同一です。差分がある場合は、その旨情報を掲載しています。
  4. デバイスを認識させるためにドライバなどの設定が必要な場合があります。「ドライバ情報一覧 QA集」 も参照してください。
  5. AXSは、"Asianux Server"の略です
  6. (*) immediate(MIRACLE LINUX UpDate)は、MIRACLE LINUXに関する重要なアップデート、 バグフィックスなどの情報を集めたものです。

Copyright NEC Corporation. 1994- All rights reserved.