ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ホーム > 製品 > コンピュータプラットフォーム > Express5800シリーズポータル > Linux on Express5800 > Linux動作確認情報 一覧 > Linux動作確認情報 詳細
2019年4月23日
Express5800/T120h
ディストリビューション Red Hat Enterprise Linux 7.6
( KERNEL 3.10.0-957.5.1.el7 )

      本ページの内容は、限られた評価環境における検証結果に基づいた動作確認情報です。
      ページ内の情報をご活用いただく前に予め「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。


      なお、ハードウェアの導入・購入に関するご相談はこちらからお問い合わせ下さい。

記号の意味
◎…当該ディストリビューションで動作可能
○…当該ディストリビューションに最新ドライバ等を適用し動作可能
×…動作不可
−…未サポート
空欄…未確認
製品情報 / インストール確認 / 共通動作確認

■製品情報 UP

型番 装置名称
N8100-2640Y Express5800/T120h (24x2.5型ドライブモデル)
N8100-2641Y Express5800/T120h (12x3.5型ドライブモデル)

■インストール確認 UP

ハードウェア構成

構成 ドライブ 構成概要
1 RAID N8103-189 RAIDコントローラ(RAID 0/1, 専用スロット型)
増設用 HDD
2 RAID N8103-190 RAIDコントローラ(2GB, RAID 0/1/5/6, 専用スロット型)
増設用 HDD
3 RAID N8103-191 RAIDコントローラ(4GB, RAID 0/1/5/6, 専用スロット型)
増設用 HDD
4 RAID N8103-195 RAIDコントローラ(RAID 0/1, PCIカード型)
増設用 HDD
5 RAID N8103-201 RAIDコントローラ(2GB, RAID 0/1/5/6, PCIカード型)
増設用 HDD
6 SATA HDD 増設用 HDD

動作確認

評価項目 結果 コメント
構成1,2,3,4,5 構成6
OSのインストール ディストリビューションのCD/DVDメディアから起動してインストール。(注1)
作成パーティション数 14 14 ドライブ全領域を使用。
ハードドライブ ファイルのコピー/比較動作を確認。
RAIDドライブの縮退動作 I/Oアクセス、再起動を実施。
RAIDドライブの再構築 I/Oアクセス、再起動を実施。
負荷ランニング 12h 12h 各ドライブ、ネットワークへの連続負荷時間。
再起動 10 10 繰り返し回数。
(注1)インストール後のアップデート手順
以下の手順でインストール後にアップデートを実施します。
    ・Starter Pack(S8.10-006.01) の適用
    以下の手順でStarter Packを適用する必要があります。
    Starter Packをマウントし、Starter Pack 内の packages 配下で以下のコマンドを実施します。
    途中で"Status:該当のコンポーネントが見つかりませんでした。"と出る場合がありますが、無視してください。
    smartupdate add および smartupdate inventory の "--baselines"オプションの後は絶対パス(/media/cdrom/packages)を指定してください。

    # ./clean-cache.sh
    --> "Are you sure you want to delete SUM cache files?" の問い合わせには "y" を入力します。
    --> "Press Enter to continue" の問い合わせにはEnterキーを押します。
    # ./smartupdate add --baselines /media/cdrom/packages
    # ./smartupdate add --nodes localhost
    # ./smartupdate setattributes --nodes localhost rewrite=false downgrade=false firmware=false software=true
    # ./smartupdate inventory --nodes localhost --baselines /media/cdrom/packages
    # ./smartupdate deploy
    # ./smartupdate shutdownengine
    実施後、システムを再起動します。

■共通動作確認 UP

評価項目 結果 コメント
X Window System の動作 解像度 1024x768 の表示、マウス・キーボードの機能。
標準LANポート sshでログインできる、ftpで100MBのファイルが転送できる。
標準LANポート二重化 (bonding) bondingドライバを使用し ssh,ftpが動作する。
CPUの認識 cat /proc/cpuinfo にて、動作周波数、論理CPU数を確認。
メモリの認識 cat /proc/meminfo にて総容量を確認。
光ディスクドライブ ファイルのコピー/比較動作を確認。
Flash FDD
シリアル・ポート 設定を行うことで、コンソール出力が表示され、ログインできる。
マネージメントコントローラチップ
リモートコンソール/リモートメディア
・リモートコンソールでの表示/操作
・リモートメディア(DVD/FDD)の認識・使用
・リモートコンソール/リモートメディアを使用したインストール
ご使用にはN8115-33「リモートマネージメント拡張ライセンス(Advanced)」の購入が必要です。

戻る UP

この情報へのご意見をお寄せください。
この情報は役に立ちましたか?
はい
いいえ
わからない
 
動作確認を希望する組み合わせはありますか?
  個人情報保護のため、補足欄には個人情報の記入はご遠慮ください。
 


Copyright NEC Corporation. 1994- All rights reserved.